カルシウム摂取だけじゃない?歯のためになる食生活

必要な成分をしっかり摂取

食べた方が良いものとは

歯を丈夫にする成分の代表として、カルシウムが挙げられます。 そのカルシウムの働きを助けてくれるのがビタミンなので、普段の食事から摂取してください。 野菜にビタミンが含まれており、摂取は難しいことではありません。 日頃から野菜不足が気になる人は、サラダを1品追加しましょう。

お茶を積極的に飲もう

日本茶やウーロン茶には、歯の健康を助ける効果があります。 喉が渇いた時は、お茶を選択すると効率良く健康を維持できるでしょう。 逆に甘いジュースは、糖分が口内に溜まってしまうのでおすすめできません。 飲んだあとはしっかり歯を磨き、糖分を残さないでください。

繊維質が多い食べ物

噛むことで唾液が分泌され、口内を殺菌できます。 あまり噛まないで食べている人は、間違った食生活なので見直してください。 たくさん噛む習慣を付けるためには繊維質が多い食べ物を摂取したり、食材を大きいサイズにカットしたりするのが良い方法です。 そのように、工夫を考えましょう。

ビタミンが絶対に必要

歯は骨と同じ成分で作られており、カルシウムが良いということはほとんどの人が知っていると思います。
しかし、カルシウムだけたくさん摂取しても意味がありません。
効率良く吸収できるよう、ビタミンDも一緒に摂取してください。
ビタミンDは、キノコ類に多く含まれています。
さらにビタミンAやビタミンCも、歯を強化する時に欠かせない成分です。
ビタミンAやCは果物や野菜に含まれており、毎日食べるように心がけてください。

カルシウムをたくさん含んでいる牛乳はもちろんおすすめの飲み物ですが、歯の健康を維持するためには、他にも良い飲み物があるので覚えてください。
いつも甘いジュースを飲んでいる人は、歯に良い影響を与えるお茶に変えましょう。
糖分が含まれているジュースを水分補給代わりに飲んでいると、口内に汚れが溜まってしまいます。
虫歯の原因になるので、そのような飲み物を頻繁に摂取することは控えてください。
どうしても飲みたいなら、飲んだあとに歯を磨いたり、口をゆすいだりするのが良い方法です。

たくさん噛むことで唾液の分泌量を増やし、口内を清潔な状態に維持できます。
それも歯の健康を守るために欠かせないので、よく噛んで食事を済ませてください。
繊維質が多い食べ物は、自然と噛む回数が増えるのでおすすめです。
噛むことで歯だけでなく、内臓の働きを助けられるなどメリットが多いです。
普段からあまり噛まずに飲み込んでいる人は、食べ方を改めてください。